お焼香は何回ですか?

大谷派では「2回」です。 また、焼香前に一度お香を戴く(額に近づける)所作をする人をよく見ますが、当派の作法ではありません。
①ご本尊を仰ぎ見る
②片方の手を卓端に添え、
香を2回つまんで香炉へ
※香をおしいただく必要はありません
③合掌 ④礼拝(軽く頭を下げる)
仏教で香を用いる場合には以下の四つの意味があります。
1.香の香りを手向けることによって、佛をお敬いする。
2.自身の体臭を消すことによって、気分をさわやかに保つ。
3.香の香りを極楽の香りになぞらえ、極楽世界を思い描き、往生を願う。
4.香の煙の姿から、いよいよ己の無常をさとる。
参照:『真宗大谷派お内仏のお荘厳』『お内仏のお給仕と心得』

Posted by 三宝寺