法名と戒名どう違うのですか?

 戒名とは、定められた守るべき戒律を厳守していくという名告りで、戒名を授かる(受戒)というところからきています。
 真宗では、戒律ということがないので、戒名とはいわず、法名といいます。
 法名は本来、生前に門信徒としてのあかしとしていただくものです。「死後の自分の名」としてあとあとに備えるのではなく、仏教徒たる自分の名、として日常に思い起こし、お念仏をよろこぶ生活を送っていただきたいものです。

参照『門徒もの知り帳』

Posted by 三宝寺